記事一覧

文科省への抗議電話マニュアル。

子どもの20ミリシーベルト許容を許したくない。
でも集会に行ったりする時間がない。

…電話で抗議してみよう!

川野太郎ブログ ごまめの歯ぎしり
「声を上げますか、それとも泣き寝入りですか」は参考になる。
http://www.taro.org/2011/04/post-987.php

(以下引用)
地元の国会議員に皆さんの意見をきちんと伝えてください。

どうやって?

あなたは、あなたの選挙区で選出された国会議員がだれか知っていますか。知らなければ調べましょう。衆議院議員と参議院議員がいるはずです。

誰かわかったら、その議員のホームページで、事務所がどこにあるかを調べてください。場所がわかったら、訪ねていきましょう。遠慮することはありません。そのための事務所です。

今、通常国会が開かれていますから、国会議員は平日は国会にいることが多いので、地元の事務所に行くならば、平日なら月曜日か金曜日が狙い目です。

議員がいなくともかまいません。地元の秘書さんにしっかりと、救済されるべきは被災者であって東電ではない。東電が支払うべき賠償金を全国の国民の電力料金を引き上げて、国民に負担させるのは筋違いであると指摘して、現在報道されている政府の案に、議員がはっきりと反対の声を上げることを求めてください。そして、このことを議員に伝えるだけでなく、この件に関する議員の考えをこちらに伝えてほしいとお願いしてください。

具体的に議員がどう動いてくれるのか、それも教えていただきましょう。

事務所が遠かったりして、訪ねて行きにくいならば、電話をしましょう。電話に出てくれた相手の名前をうかがって、同じことを伝えましょう。電話ならば、一週間後にかけ直すので、それまでに議員の考えを聞いておいてくださいとお願いしましょう。

メールやFAXもありますが、やはり、訪問したり電話をしたりしたほうが、皆さんの考えをしっかりと伝えることができます。

(引用ここまで)

これは、東電が支払うべき賠償金を税金負担にするな!という
抗議で、国会議員に伝えるやり方だが、
文部科学省に応用してみたら?

河野さんは国会への請願やデモを否定してはいないが、
この行動を勧めている。

…とりあえず文部科学省にも試してみよう。

問題は抗議の中身だ。何を言ったらいい?

基本的にはなんでもいい。危険だと思う、という資料を集め、
それを素直に「大丈夫でしょうか?大丈夫だという根拠を知りたいのですが」
と聞いてみたらいい。

「危険である」証拠を一般市民であるこちらが突き付けるのは無理だが、
許可した文部科学省にはこちらが納得できる「安全な」根拠をだす義務がある。

ここまでの経緯はこのページに詳しい。
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-10868716589.html

(以下引用)
(ポイント)
・福島県内の小中学校などの汚染レベルが放射線管理区域以上(0.6マイクロシーベルト/時以上)となっている学校が、現在75%以上。「放射線管理区域」:労働基準法で18歳未満の作業を禁止している。
参考:「福島県放射線モニタリング小・中学校等実施結果」の集計
http://www.foejapan.org/infomation/news/110413_sakagami3.pdf
・年20ミリシーベルトは、3.8マイクロシーベルト/時に該当し、この「放射線管理区域」の0.6マイクロシーベルトの約6倍に相当する。
・年20ミリシーベルトとは、原発労働者が白血病を発症し労働認定を受けている線量に匹敵する。
・文科省HPによれば、ICRPの「事故収束後の基準」の1~20mSvを採用。20ミリシーベルトはこの最大値。
・この基準は、子供の感受性を考慮にいれていない。
・この20ミリシーベルト基準適用にあたっては内部被曝を考慮していない。
・すでに、各学校では、文科省の通達をうけた教育委員会からの指示で、子供を校庭で遊ばせている。
・20ミリシーベルトの撤回を要求する。

(本日の会合での文科省・原子力安全委員会の答弁)
・文科省:「放射線管理区域」の基準を上回るという事実は認識せず
(というか、担当者はそもそも「放射線管理区域」の基準を知らない)。
・このような議論が行われたかも知らない。
・原子力安全委員会:原子力安全委員会は14時頃に文科省からの「20ミリシーベルトでいいか?」
 という連絡をうけ、16時頃に「よい」と返答した。
・この間、会議は開催していない。委員会内でどのような協議をしたかは不明。
 議事録もあるかも不明。
・文科省:20ミリシーベルトの根拠は、ICRPの「事故収束後の基準」(1~20ミリシーベルト)と
「事故継続等の緊急時の状況における基準」(20~100ミリシーベルト)の中間。
 →これはHPの記述と異なります。
・文科省:内部被曝は考慮せず。あるシミュレーションをもとに、内部被曝を考慮しなくても
 よいという結論に至る。そのシミュレーションの詳細については承知していない。
・子供にも大人と同じ基準を用いているかといわれれば、そのとおり。

(NGO側要求)
・20ミリシーベルト決定のプロセスをすべて明らかにすること。
・根拠を明らかにすること。これらすべてについて文書で回答すること
・内部被曝を考慮しなかった根拠としなっているシミュレーションとは何か明らかにすること。
・子供であることを考慮しなかった理由を明らかにすること。
・測定は、福島県の市民と相談しながら行うこと。
・20ミリシーベルトを撤回すること。

(引用ここまで)

さらに4月27日の合同記者会見では、原子力安全委員会は
・ICRPの基準では大人も子供もこの数字で問題ない
・勝手に決めたのではなく国際基準だ
と主張していた。

文科省のホームページ「福島県内の学校等の校舎、校庭等の利用判断における暫定的考え方」
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305174.htm

参考:民主党の川内博史議員が主宰する「東日本大震災の勉強会」
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-461.html

●抗議電話で聞けること
1~5のどれでもいい。納得するまで聞いて、
分からないと言ったらいつまでに答えてくれるか聞いてみよう。

1.年間20ミリシーベルトという計算で、1時間あたり3.8マイクロシーベルトと
規定していますが、「放射線管理区域」は1時間当たり0.6マイクロシーベルトで、
その約6倍に相当なるのですが、こんなに違うのは何故ですか?

2.5ミリシーベルトが、放射線業務従事者(妊娠可能な女子に限る)が
法定の3か月間にさらされてよい放射線の限度。(Wikipedia「シーベルト」より。)
http://bit.ly/fcxHTW
→1年間で20ミリシーベルトになる。仕事で放射能にかかわる人は防護をしてこの数字
だと思うのですが、子供でも大丈夫なのでしょうか?

3.外から浴びる外部被ばくとともに、内部被ばくがあるという話も聞いています。
そのことは考慮されているのでしょうか?

4.事故の前まで、一般の人が1年間にさらされてよい人工放射線の限度は、
ICRPの勧告で1ミリシーベルトでした。これが急に事故後20ミリシーベルトまでよい、
というのはどういう考え方でしょうか?

5.http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210427018.html
4月27日のニュースで。
(以下引用)
ノーベル賞も受賞した国際的な医師の団体がワシントンで会見し、文部科学省が子供の1年間の許容被ばく線量の目安を「20ミリシーベルト」に設定したことに疑問を呈しました。

 アイラ・ヘルファンド医学博士:「衝撃的だったのは、日本政府が福島の子供たちの許容被ばく線量の基準を高く設定したことだ」
 ヘルファンド博士は、「子供の場合、がんになるリスクが成人よりも2倍から3倍高くなる」と指摘して、許容される被ばく線量の基準を引き下げるよう求めました。アメリカでは、原子力関連施設で働く人の1年間の許容量の平均的な上限が年間20ミリシーベルトとされています。
(引用終り)
このニュースについてどう考えますか?

自分のために書いてみたマニュアルで、確定的影響と確率的影響をどちらも曖昧にしている
文科省のガイドブックなど、聞いてみたいことがいろいろあるから、
これをもとに電話してみよう。
スポンサーサイト

コメント

1. アイラ・ヘルファンドに言われないと、何もやらない政府。

カス!

コメントの投稿

非公開コメント